• ホーム
  • 講師・事務局員紹介
  • [講師]大場一央

[講師]大場一央

■大場 一央 [おおば かずお]

読書会では、主に『孟子集注』、『十八史略』の解説を担当。

■略歴

昭和54年[1979年] 北海道札幌市生まれ。
平成14年[2002年] 早稲田大学教育学部教育学科卒業。
平成21年[2009年] 早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。 同年、早稲田大学第二文学部非常勤講師。
平成22年[2010年] 博士(文学)を早稲田大学より受領。
平成29年[2017年] 現在、国士舘大学非常勤講師。

■所属学会

日本中国学会
日本思想史学会
早稲田大学東洋哲学会

■論文・学会発表・講演・講座

■論文
『王陽明の「立志」について』[『日本中国学会報』第58集・2006年]
『王陽明の思想形成における龍場大悟の位置』[『早稲田大学大学院文学研究科紀要』第52輯・第1分冊・2007年]
『王陽明前期思想における「誠」について』[『論叢・アジアの文化と思想』第17号・2008年]
『心即理-王陽明前期思想の研究-』[博士論文・2010年]
『『弘道館記』をめぐる会沢正志斎の教育理念』[『東洋の思想と宗教』第29号・2012年]
『会沢正志斎の『論語』理解と実践』[『東洋の思想と宗教』第30号・2015年]


■学会発表
「王陽明の「立志」について」[日本中国学会第57回大会・於北海道大学・2005年10月]
「王陽明の思想形成における龍場大悟の位置」[早稲田大学東洋哲学会第23回大会・於早稲田大学・2006年06月]
「会沢正志斎の『論語』解釈について」[早稲田大学東洋哲学会第31回大会・於早稲田大学・2014年06月]

■講演・講座
「知ることと修めること」[東京富士大学・東京富士大学・2006年10月] 
「国史における明治の位置」[皇室と日本を考える・文京区勤労福祉会館・2010年11月]
「学問のススメ」[国士舘大学漢学会・国士舘大学・2013年12月]
「王陽明の詩と思想」[千葉県漢詩連盟・市川市八幡地区ふれあい館・2015年02月]
「徳川家康と江戸の思想~思想から観た徳川家康~」[鎌倉市生涯学習推進委員会・鎌倉生涯学習センター・2016年02月]
「易経講座」[公益財団法人東洋文庫・東洋文庫・2016年06月]
「『三国志』とその後-人生と理想について-」[鎌倉市生涯学習推進委員会・鎌倉生涯学習センター・2017年01月]

お問い合わせ